MENU

初めてのファミリーキャンプはコンパクトに。キャンプ初心者のわが家の楽しみ方。

家族でキャンプをしてみたい。初めてのキャンプ場はどこがいいだろう。ファミリーキャンプに必要な道具は何だろう。キャンプ場の費用を知りたい。

こういった疑問に答えます。

10月上旬に初めてファミリーキャンプに行きました。初心者のわたしたちでも、じゅうぶん楽しめました。必要な道具や準備など、経験して気付けたことを記事にします。初めてファミリーキャンプをされる方は、どうぞ参考にしてください。

スポンサーリンク
目次

ファミリーキャンプ場の選び方

貸し出し道具や宿泊設備がある

ノースランドキャンパーズビレッジ

魅力的なキャンプ場がたくさんあります。その中でも、初めてキャンプをするときは「手ぶらで行けるキャンプ場」を選ぶのが間違いないです。「宿泊キャビン」「たき火用具」「調理器具」「お風呂」などの道具・設備があるキャンプ場を選びました。貸し出し道具があると「現地で道具がなかったらどうしよう」という心配をせずに済みます。安心感があるので、初めてのファミリーキャンプを十分に楽しめます。

手軽にたき火ができる

薪ストーブ

妻や子と一緒にたき火をするのは、とても楽しいです。子どもに火の危なさを伝えたり、一緒に火をおこしたり眺めたり。燃える薪や炎を眺めていると、ゆったりした気持ちになれます。このキャンプ場では薪ストーブとたき火台が用意されていて、手軽に火を扱えました。

お風呂がある

初めてのファミリーキャンプなので「快適さ」重視です。お風呂があると安心。なぜか薪で焚いたお風呂はカラダが普段より温まる気がします。わたしたちの行ったキャンプ場はお風呂場が3つあり、その中の1つが家族風呂として使えました(当日予約/無料)。30分単位で予約するのですが、30分×2(計1時間)として使うグループが多かったです。

キャンプ場の予約方法

人気のあるキャンプ場は土日・連休の予約が取りづらいです。幾つか候補を挙げたものの予約で埋まっているところばかり。今回は当日の朝に電話で予約をしました。ちょうどキャンセルが出たところだったので、タイミングよく予約できました。

IMA

ホテルの予約と同じで、当日はWebよりも電話で確認する方が確実です

初めてのファミリーキャンプに必要なもの

貸し出しがあれば少ない道具でOKです

キャンプをするときに必要なのが道具です。テントや寝袋、タープやランタン、調理器具やたき火台など。初めてのファミリーキャンプだと、どれを用意すればいいか迷いますよね。今回は道具の貸し出しがあるキャンプ場に行ったので、悩む必要がありませんでした。キャンプ場のホームページを見て持参するものを確認するといいです。「紙皿・紙コップ・割箸などお持ちください」などの説明が書かれているので、持参する必要のあるものが分かります。

持っていってよかったもの

着火剤は薪や木炭を燃やすのに役立ちます。ファミリーキャンプ初心者のわたしたちは、薪や木炭の火おこしに慣れていません。そこで着火剤を使って簡単に火おこしをしました。

食器類の貸し出しはないので、持参したクッカーをお皿にします。ソロキャンプ用のクッカーとメスティンを使いました。少し深めの容器だと麺類も作りやすいですね。

小さな照明(たねほおずき/スノーピーク)は、夜中に室内を照らす明かりにしたり、子どもを夜のトイレに連れて行くときに便利です。

ファミリーキャンプの楽しみ方

特別なことは必要ありません

子どもと一緒にたき火をしたり、近くを散策したり。パチパチと燃える薪を眺めながらビールを飲んだり、炭火でBBQをしたり。紅葉が見え始めた風景の中で、ゆっくり過ごすだけなのに楽しい時間を過ごせます。夜は自然の音を感じながらゆっくり休みます。

ファミリーキャンプのご飯

BBQ(エビ・ホタテ)
BBQ(焼き鳥)
ティピー内部(薪ストーブあり)

夜はBBQです。キャンプ場に来る途中のスーパーで食材を買いました。焼き網を使って炭火でエビやホタテ、キノコや野菜、焼き鳥を焼きます。薪ストーブの上では鉄板で肉を焼きます。持参のクッカーを使って焼売もふかしました。

朝はインスタントラーメンです。初めてのキャンプなので、朝は手軽なものを選択。それにしても屋外で取る食事っておいしいですね。

選んだファミリーキャンプ場

ノースランド キャンパーズ ビレッジ

ノースランドキャンパーズビレッジ
ノースランドキャンパーズビレッジ

山梨県甲斐市の「ノースランド キャンパーズ ビレッジ」の「幌馬車型キャビン」に宿泊しました。炊事用の「インディアンティピー」もセットで使えます。設備のしっかりしたキャンプ場です。わたしたちの初めてのファミリーキャンプは、ここを選んで正解でした。

キャンプ場の費用

キャンプ場にかかった費用は合計8560円でした(1泊2日/3人合計)。

  • 幌馬車形キャビン7560円/大人2人+幼児1人(小学生未満は無料)
  • 木炭1箱/500円
  • 薪(大)/500円(米袋にたくさん木材が入っています)

キャンプ場に向かうまで

キャンプ場の近くは細い道です

わたしたちは日が暮れてからキャンプ場に到着しました。キャンプ場の近くは坂道で、車がすれ違うことのできない道幅のところがあります。暗くなったら注意して運転するのがよいです。

レンタカーを使いました

じゃらんレンタカーで「日産レンタカー」を予約しました。金額は23日で合計8545楽天レンタカーやじゃらんレンタカーなどの旅行サイトでは、定期的に割引クーポンを出しています。たまに見るとお得です。

お得な割引クーポンがあったら、旅の予定がなくてもレンタカーを予約するとお得です。キャンセル費用が発生する前まで、じっくり検討できます。

  • 車種:マーチ(日産)
  • 日数:2泊3日
  • 金額:8,545円(2泊3日分/2000円引きクーポンを利用/NOCサポートプラン非加入)

※旅行サイトで予約した内容には「NOCサポートプラン」(1620円/3日間)が含まれていました。これは任意加入なので、店頭での説明時に非加入を選び、価格を抑えました。

ノン・オペレーションチャージ(NOC)とは

万一、事故、盗難、借受人又は運転者の責の帰すべき事由による故障、レンタカーの汚損、臭気等により当社がそのレンタカーを利用できない場合には、修理期間中の休業補償の一部として下記料金を申し受けます。

予定の店舗に車両が返還された場合(自走可能) 20,000円
その他上記以外の場合 50,000円

日産レンタカーより)

編集後記

初めてのファミリーキャンプはうまくいきました。安心して楽しめたので余裕を持てました。4歳の子どもは「また行きたい」と言います。少しずつ経験を積んで、より上手にキャンプを楽しめるようになりたいです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる