スカイバスで年始の東京観光へ。両親を連れて首都高のレインボーブリッジを走りました。

  • URLをコピーしました!
スカイバス

両親が東京観光に来てくれました。ところが。いざ東京を案内するぞ! と企画を考えたとき、どこに連れていくかアイデアが浮かばないものです。わたしはずいぶん迷いました。東京観光っぽくて、両親が疲れなくて、せっかくならわたしたちも楽しめるものはないかしら。そう考えたときに、思い浮かんだのが「天井のないバス」です。

ということで、スカイバスに誘いました(←わたしが乗りたい)。

屋根なしで走る高速道路は楽しそう。親孝行だもの一度くらいはいいでしょう!と。冬でも厚着しているから大丈夫! と理由をつけて乗りました。

さむい! 風が強い! 定年を超えた父が震えている! ヤバいWWW

乗車時間は約60分と長め。レインボーブリッジ上で震えている父を見てヒヤヒヤしましたが、途中で風に慣れたようで、後半は静かに景色を堪能していた様子です。よかった。東京じゃない違う世界を見せてしまうかと心配しました。ε-(´∀`*)ホッ。

この記事では年始の東京観光の一つ、天井のない「スカイバス」を紹介します。
★スカイバスは安全です。年始は防寒対策をしっかりしましょう。

スポンサーリンク
目次

高速道路はドキドキするよ

視点が高くなるので見える風景が変わります。高速道路は特に違う景色が見えますよ。頭上を通り過ぎる案内標識の近さ。巻き込む風の強さ。新鮮です。それよりも「ずいぶんと地上から高いところを走っているなー」と。ジェットコースターみたいでおまたがヒュンっとしました。

帽子やが飛んだらどうしよう!? と心配したものの、気を付ければ問題なさそう。帽子をかぶっている方はご注意ください。国産オープンカーより風の巻き込みは多い*ので、帽子が飛ばないように気をつけつつ、風で体を冷やさないようにするといいです。*比較対象はユーノスロードスター&マツダロードスター(IMA調べ)。

ガイドさんと東京再発見

一般参賀へ向かう人たち

有楽町の名前の由来や、大手町に湧いた天然温泉「星のや東京」の話など。ガイドさんの口から知らない東京の話が出てきます。東京に長く住んでいても、気付かないまま過ごしているものですね。ガイドさんの話を聞きながら、東京を再発見することができました。楽しい。この日は1月2日なので、一般参賀の説明もありました(画像は車窓から見る参列の方々。場所は下の地図あたりです)

スポンサーリンク
スカイバス

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次