対流型石油ストーブのすすめ

https://farm2.staticflickr.com/1446/25060381375_28d4f87456_b.jpg

石油ストーブって味がありますね。点火すると、ボッボッボッって音を出して燃え上がります。ノスタルジック。そして、部屋全体が静かにゆーっくり暖かくなって。ゆらゆら燃える炎を眺めると落ち着きます。購入して1カ月半ほど使っています。これ(・∀・)イイ!!

スポンサーリンク
目次

ここがいいところ。

じんわりした暖かさ対流型ストーブなので、熱が上にのぼります。冷たい空気と入り混じって、ゆっくりと部屋全体が暖かくなる。ガスファンヒーターのような即効性はないけれど、時間を味わうような穏やかな暖かさを味わえます。

ノスタルジック。灯油って燃えるときに静かな音が出るんです。おかげで、周りの静けさが引き立ちます。雪がシンシンと降り積もるときに似合いそう(田舎の風景を思い出すなぁ)。

炎が美しい。子どもが泣いた夜は、部屋を暗くして抱っこして。一緒にゆらめく炎を眺めます。落ち着いて泣きやんでくれるんですよね。これは意外な効果。購入時の比較でアラジンのブルーフレームと迷ったのですが、トヨトミのレインボーストーブにして正解でした(アラジンも相変わらず魅力的)。

値引きで買いやすい。新製品が安い某K電気で購入。「現品限り」ということで2万4000円(税込)くらいでした(Webの最安値は2万7000円くらい)。いわゆる「対流型」の石油ストーブは、あまり売れないらしく、すんなり値引きしてくれました。

ここがちょっとなぁ、ってところ。

灯油を買ってくるのがメンドクサイ。ガスファンヒーターの方が、スイッチ一つで早く暖まります(暑くなる)。給油がメンドクサイ。いや、簡単なんですけど。笑。給油後に手を洗う必要があります。灯油を保管する必要がある。灯油ポリタンクをベランダで保管してますが、雨に濡らさないよう工夫が必要です。この3つくらいかな?

活躍期間も残りちょっと。

もう春ですね。暖かくなってきました。石油ストーブの活躍期間も、もう少し。来年になったら、また新しい暖房器具が出るでしょう。わが家はこの石油ストーブが活躍してくれそうです。

購入時の写真はこちら。

https://farm2.staticflickr.com/1537/24764693950_7c0847858d_b.jpg

早朝も仕事部屋で活躍してくれました。

https://farm2.staticflickr.com/1574/24967100791_c6e27d9da7_b.jpg

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる