靴を洗うならこんなふうに。コインランドリーが手軽で便利です。

靴の洗濯

靴の洗濯を簡単に済ませたい。靴の洗濯に手間をかけたくない。簡単に洗う方法はないだろうか。 

靴を手洗いで洗濯すると、手間と時間がかかりますよね。面倒になって洗濯する回数が減ることも。先日、靴を簡単に洗濯する方法を見つけました。結論から言うと「靴専用のコインランドリーを使う」です。格安で手軽に靴を洗えて、十分きれいになります。この記事では「コインランドリーで靴を洗う方法」を紹介します。

スポンサーリンク
目次

靴の洗濯機(スニーカーウォッシャー)について

sneaker laundry machine

靴専用の洗濯機「スニーカーウォッシャー」。上には靴の乾燥機「スニーカードライヤー」が付いています。

洗濯にかかる費用と時間

靴の洗濯機(スニーカーウォッシャー)の料金は1回200円、洗濯時間は20分(乾燥機を使う料金は別途必要)。洗剤代は料金に含まれています。

靴の洗濯機

洗える靴の数

大人用の靴(20cm以上)は2足。子ども用の靴(19.5cm以下)のみなら4足まで。

靴の洗濯

靴の乾燥機(スニーカードライヤー)について

靴の乾燥機

乾燥にかかる費用と時間

靴の乾燥機(スニーカードライヤー)の料金は1回100円、乾燥時間は20分。

靴の乾燥機

洗える靴の数

大人用の靴(20cm以上)は2足。子ども用の靴(19.5cm以下)のみなら4足まで。(靴の洗濯機と同じ)

靴の乾燥機

洗濯機を使うときの注意点

まず「洗濯槽」を洗う

靴を洗濯機に入れる前に「洗濯槽」を洗浄します。コインを入れて10秒以内に「洗濯槽シャワーボタン」を押します。洗濯槽の洗浄中はフタにロックがかかり開きません。数十秒で終了。その後に靴を入れます。

靴の洗濯機の使い方

脱水を追加できる

洗濯後の脱水が十分でない場合は、追加して脱水ができます(追加料金なし)。靴の向きを変えて「追加脱水ボタン」を押せばOKです。追加の脱水は数十秒で終了します。

洗えない種類の靴がある

素材により洗えない靴があります。また、ひも付きのスニーカーは、靴ひもを固く結んでから洗濯機に入れます。

洗える靴

  • 綿
  • 化学繊維
  • 合成皮革

洗えない靴

  • 皮製
  • スパイク付き
  • 長靴
  • スリッパ など

どれくらいきれいになるか

かなり汚れているランニングシューズを洗いました。使い込んで、かつ汚れを放置したままのもの。ここまで汚れると手洗いでも汚れが落ちにくいです。

洗濯する前の靴

洗濯前の靴
洗濯前の靴

洗濯した後の靴

ブラシの当たる部分がきれいに白くなります。ブラシが届かないつま先の部分/くぼんだ部分は汚れが残りますね。写真では暗く写っていますが、出来上がりはおおむね満足です。

洗濯後の靴
洗濯後の靴

【まとめ】靴を洗うならこんなふうに。コインランドリーが手軽で便利です。

自分で手洗いをするよりも圧倒的に楽です。かなり汚れた靴を洗いましたが、おおむね満足できる洗い上がりです。すぐ乾かす必要がなければ、洗濯機(200円/20分)の使用だけで十分と感じました。コインランドリーを使うと、靴を洗う手間と時間から開放されますよ。おすすめです。

訪問した店舗

コインランドリーピエロ

コインランドリー/ピエロ 173号綾瀬店

  • 住所:東京都足立区綾瀬2-20-15
  • 営業時間:5:00〜25:00
  • 定休日:年中無休
  • 駐車場:なし

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる