岡山ラーメンを「中華そば 山冨士」で。しょうゆの甘さが特長です【岡山駅/岡山市】

「山冨士」の中華そば

岡山ラーメンを岡山駅の近くで食べたい。「中華そば 山冨士」の人気メニューは何だろう。何時まで営業しているだろう?

岡山駅近くのラーメン店はいくつもあり、どこに行くか迷うことがあります。今回は岡山ラーメンに的を絞って、岡山駅近くの有名店「中華そば 山冨士」さんを紹介します。醤油の甘さとダシで調えられたスープが、ストレートな麺にちょうどよく絡まって箸が進みます。料理やメニューの写真を撮りました。お店選びの参考にしてください。(※この記事の価格は全て税込み)

スポンサーリンク
目次

【お薦め1】岡山ラーメンが分かる「中華そば」

「山冨士」の中華そば

麺・スープ・小ネギ・チャーシューと、シンプルな見た目の中華そば650円です。しょうゆの甘さを感じるスープは、そばつゆのような風味もあり、刻んだ小ネギが麺とスープのおいしさを引き立ててくれます。麺はストレートなタイプ。スープと絡まって、時間がたつとスープの色が麺に移ります。

他のメニューも食べて感じたのですが、「中華そば」は味のバランスがよいです。個人的なお薦めは「中華そば」+「別皿で追加トッピング」。味を複数回に分けて楽しめます。

【お薦め2】小ネギがたくさんの「ネギ中華」

「山冨士」のネギ中華

ネギ中華750円は、よく注文される人気メニューです。たくさんの小ネギがしっかり仕事をしてくれます。中華そばの味が変化します。

【お薦め3】各種トッピング&替え玉

「山冨士」の天ぷら

別皿の追加トッピングも楽しいです。写真は天ぷら(ゲソ天)100円。天ぷら中華750円に入る具材ですが、別皿で注文すると味の変化を楽しめます。

「山冨士」の替え玉

替え玉150円。「替え玉かため」を注文する人が多かったので、まねして同じものを注文。

替え玉の量を少なくしてもらうこともできます。頼めば一つの替え玉を2人に分けて提供してくれますよ(他の人が頼んでいました)。リクエストに応えてくれる姿勢が心地よいです。

「中華そば 山冨士」のメニュー

「中華そば 山冨士」のメニュー

岡山市では外国人観光客をよく見掛けます。簡単な英語が併記されています。

「中華そば 山冨士」は深夜も営業

中華そば 山冨士

営業時間は11時30分から26時まで。岡山駅の周辺は早い時刻に閉店するお店が多いので、夜遅くまで営業しているのはありがたいです。

木曜の夜に訪問したときは、20代の男女ペアやスーツ姿の男性たち、飲み会帰りの男女グループが食事をしていました。時間帯によっては並んで待つこともあります。

岡山駅西口の商店街のお店は、21時前には閉まります。割と早い時刻に店の明かりが消える風景は、小さいころに過ごした町を思い出せて懐かしさを感じました。

「中華そば 山冨士」へ行く方法

岡山駅から「中華そば 山冨士」へ

JR岡山駅から徒歩5分(450m)です。駅からビックカメラ方向へ向かって横断歩道を渡ると近いです。お店は居酒屋などが多いエリアにあります。

お店情報(営業時間・定休日)

「中華そば 山冨士」の店内
営業時間11:30〜26:00
定休日水曜
座席数カウンター4席・テーブル席3卓(4人掛け)
駐車場なし(近くにコインパーキングあり)
住所岡山県岡山市北区本町5-13
電話086-225-6147

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる