海外旅行で日本からの電話を受けるなら「050 plus」が便利。何年も使っています。

050 plusのスマホ画面

「海外旅行中に日本から電話を受ける方法/日本へ電話する方法」を紹介します。

  • 海外旅行中に日本国内の電話に出る方法を知りたい。
  • 日本で使っている携帯番号を海外で使いたい。
  • 安い通話料金で海外から電話する方法を知りたい。

日本で使っている電話番号を海外で使えたら便利ですよね。IP電話アプリ「050 plus」を使えば、海外でも「090-XXXX」「03-XXXX」などの番号で電話を受けることができます。海外にいても国内にいるのと同じように、自然に通話できます。この記事では2020年1月時点で、私が実際に使っている方法を紹介します。

スポンサーリンク
目次

「050 plus」とは

オフィスの電話機

「050 plus」はNTTコミュニケーションズが提供しているIP電話アプリです。050から始まる電話番号を持つことができます。私はスマホにIP電話アプリ「050 plus」を入れて、固定電話を持ち歩くような感覚で使っています。

インターネットで使える「日本国内の電話番号」と考えると分かりやすいです

050 plus
050 plus
開発元:NTT Communications Corporation
無料
posted withアプリーチ

「050 plus」を使うメリット

050 plusの長所
050 plusの長所/050 plusのウェブサイトより

日本の電話番号(090、03など)で海外で「受信」できる

050 plusの説明図IP電話アプリ「050 plus」を使うことで、海外にいても「090-XXXX」「03-XXXX」の着信に出ることができます。日本の電話番号の「転送電話機能」と、インターネットのデータ通信を組み合わせます。

日本の電話番号(090-XXXX、03-XXXXなど)への着信を、スマホの「050 plus」アプリで受けることができます。

STEP
日本の電話番号(090-XXXX、03-XXXXなど)に着信がある

日本国内で着信があるときと全く同じです。

STEP
着信が「050 plus」の電話番号に転送される

「090-XXXX」「03-XXXX」の転送電話機能で「050 plus」に着信が転送されます。このとき日本国内の転送電話の通話料がかかります。転送しても海外電話の通話料はかかりません

STEP
スマホの「050 plus」に着信がある

インターネットを使って、スマホの「050 plus」に着信があります。スマホのデータ通信を使います。スマホのデータ通信には海外電話の通話料はかかりません。データ通信の料金は、海外で使うSIMカードやレンタルWi-Fiの料金に含まれています。

STEP
電話をかけてきた相手と通話できる

電話中は「日本の電話番号」が「050 plus」に転送電話をしている分の料金がかかります海外電話の通話料はかかりません)。

ここでのポイントは二つです。

  • 日本国内で着信が自動的に転送される(転送電話)
  • インターネットの通信を使って通話する

海外にいても、日本の電話番号(090、03など)で電話に出られる

日本国内の通話料だけで済む(国際電話の通話料は不要

転送電話を使うので、相手からの電話を受けるときに日本国内の通話料がかかる

IMA

私は格安SIM「OCN モバイル ONE」を使うので、転送電話の通話料は20円/30秒です

「050 plus」の電話番号で日本に電話をかけられる

「050 plus」アプリは電話をかけることもできます。電話先が日本国内ならば、地球上のどこから電話をかけても通話料は同じです。理由はインターネットの通信を使うから。「050 plus」で発信するときは「日本国内の固定電話から相手に電話をする」と考えると分かりやすいです。

「050 plus」から固定電話へ:8.64円/3分
「050 plus」から携帯電話へ:17.28円/1分

IMA

「050 plus」からの「発信」は低価格です

注意点としては「050 plus」の電話番号から発信するので、電話を受ける相手には050から始まる番号が表示されます

「050 plus」の電話番号で日本国内に電話をかけられる

「050 plus」は通話料が安い

「050 plus」の電話番号が相手に通知される

「050 plus」の留守番電話機能を使える

私が特に使うのは留守番電話機能です。留守番電話に残された「相手の音声」がメールに添付されて届きます。これがとても便利。自分から留守番電話センターに電話をかける必要がありません。音声を好きなときに何度も聞くことができます。保存することもできます。

使い勝手がいいので、私は海外でも日本でも「050 plus」の留守番電話設定をONにしています。

「050 plus」の留守番電話機能は無料です。そのため、私は携帯電話会社やMVNO(格安SIM)の留守番電話機能を使わずに「050 plus」の留守番電話機能だけ使っています。

仕事でも使える安心感

「050 plus」は「NTTコミュニケーションズ」が運営しています。NTTグループの主要企業の一つなので、通信の安定性・信頼性などで安心できるイメージがあります。そのため私は「050 plus」を仕事でも使っています。

「050 plus」を使うデメリット

「050 plus」は月額基本料がかかる

「050 plus」は月額基本料(300円/税別)がかかります。

月額基本料が無料のIP電話アプリもある

IP電話アプリには月額基本料がかからないものがあります。あまり電話を使わない場合は、無料のIP電話アプリもおすすめです。楽天モバイルが提供する「SMARTalk」は月額基本料が無料で「050 plus」と同じように扱えます(通話料は別体系)。

月額基本料がかからない点で「SMARTalk」の方が「050 plus」よりもメリットがあります。

IMA

私は「通話料金の安さ」「通信品質の安心感」を重視して「050 plus」を使っています

通話料金を割引する方法

格安SIMOCN モバイル ONE」には「OCN モバイル ONE 050 plusセット割」のプランがあります「050 plus」の月額基本料を150円(税別)にできます。「OCN モバイル ONE音声対応SIM」は通信が安定していて価格も手頃なので、私はこのSIMを使いながら「050 plus」を併用しています。

「050 plus」は通話中の録音機能がない

便利な「050 plus」ですが、通話中の録音機能がないがデメリットです。仕事で必要な取り決めなどは、メールなどで残すようにして間違いが起きないようにしています。

電波が弱いと通話時に声が遅れて届く

電波が弱いと通話時に声が遅れて届く場合があります。お互いの声が数秒遅れるような。電波がしっかり届く環境では問題ありません。大切な通話をする場合は、電波状況を確認してから電話します。

電波状況の確認方法

「050 plus」のテストコール

「050 plus」には「テストコール」の機能があります。通信料は無料。この機能を使って電波の状況を確認することができます。

「テストコール」は契約前でも使えます。「050 plus」を試したい場合はアプリをダウンロードして「テストコール」を使うことをおすすめします。

フリーダイヤルに電話できない場合がある

「050 plus」からフリーダイヤルに電話できない場合があります。私は別のアプリ(無料)も併用してフリーダイヤルに電話できるようにしています。

フリーダイヤルに電話する方法

IP電話アプリ「My 050」を使います。スマホに「My 050」アプリを入れることでフリーダイヤルに電話ができます。「My 050」もおすすめできるアプリです。

「050 plus」を使うために必要なもの

「050 plus」の登録をするには、下記が必要です。

  • スマートフォン(またはタブレット)
  • 携帯の電話番号
  • メールアドレス
  • クレジットカード番号

「050 plus」はスマートフォンで使うだけでなく、タブレットも通信環境(SIMまたはWi-Fi)があれば使えます。電話番号は登録時の本人確認(SMSまたは電話接続)のために必要です。クレジットカードは支払いのために使います。

「050 plus」を海外で使うための設定

「050 plus」の契約・設定と「日本の電話番号(090-XXXX、03-XXXX)」の転送電話を設定します

「050 plus」を海外で使うための手続き

STEP
「050 plus」の申し込み

「050 plus」を使うにはNTTコミュニケーションズのウェブサイトで手続きします。

STEP
「050 plus」のインストール

「050 plus」アプリをスマホにインストールします。アプリはiPhoneとAndroidの両方に対応しています。

STEP
「050 plus」の設定

「050 plus」アプリの初期設定と留守番電話の設定をします。

STEP
日本の電話番号の設定

日本の電話番号(090-XXXX、03-XXXXなど)への着信を「050 plus」の電話番号に転送するように設定します。

私の「050 plus」の設定

呼び出し時間:5秒
通知方法:全て通知
音声ファイル:添付する

「050 plus」に着信があると「すぐに留守番電話につながる」設定です。

ただいま電話に出ることができません。発信音の後に、お名前とご用件を録音してください」とアナウンスが流れます。録音された音声はメールに添付されて届きます(Wav形式)。録音がない場合は不在着信を知らせるメールが届きます。

「050 plus」の着信を「留守番電話専用」として使うメリット

  • 低価格で電話を掛け直すことができる。
    (着信で通話するより「050 plus」で掛け直した方が安い/転送電話の通話料より安い)。
  • 「留守番電話」に音声を残してもらえれば、都合のいいときに音声を聞ける
IMA

私は「050 plus」の電話番号を「留守番電話専用」として使っています。

私の「転送電話」の設定

私はOCN モバイル ONE」を使っているので、このように設定にしています(「転送電話の設定」は電話会社ごとに異なります)。

転送先電話番号:「050 plus」の電話番号
呼び出し時間:20秒
ガイダンス:なし(電話の転送を相手に伝えない)

  • 相手が私に電話をかけたら、普通に通話できる
  • 相手が私に電話をかけたら、10コール程度で留守番電話につながる

    と思われるように設定しています。

日本にいるときの設定

日本でも海外でも同じ設定にしています。携帯電話に着信があったらそのまま通話します。電話に出られないときは10コール程度で「050 plus」の留守番電話に転送されます。

【まとめ】海外で日本の電話番号で受信する方法

「050 plus」でできること

  • 日本の電話番号(090-XXXX、03-XXXXなど)で「受信」できる
  • 050から始まる電話番号で「受信」できる
  • 050から始まる電話番号で「発信」できる
  • 留守番電話メッセージの「音声」をメールで受け取れる
  • 日本から離れていることを相手に感じさせない

「050 plus」を使うときの注意点

  • 日本の電話番号(090-XXXX、03-XXXXなど)で「受信」するときに、日本国内の通話料がかかる(転送電話の通話料)
  • 「発信」するときに、日本の電話番号(090-XXXX、03-XXXXなど)で電話をかけられない(相手には050から始まる番号が表示される)
  • 「050 plus」は月額基本料300円(税別)がかかる(「OCN モバイル ONE」を併用すれば150円(税別))
  • 「050 plus」は通話中の録音機能がない
  • 電波が弱いと通話時に声が遅れて届く

編集後記

「050 plus」のおかげで、海外でも国内でも使える電話の環境がつくれました。心置きなく海外に出掛けられます。海外旅行の電話に悩んでいる方は、ぜひお試しください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる