ベトナム旅行のアプリと使い方。「ほぼ毎日使う」「たまに使う」ものを紹介します。

スマホのアプリ

ベトナム旅行で役に立つアプリは何だろう。どんなアプリを用意すると便利だろう?

旅行ではスマホのアプリが活躍します。しかし使ってみないと分からないものも多く、選ぶのに時間がかかりました。私はベトナム旅行を繰り返して、常用するアプリが決まりました。この記事ではベトナム旅行で「ほぼ毎日使うアプリ」「たまに使うアプリ」に分けて紹介します。ベトナムを旅する人の参考になりますように。

スポンサーリンク
目次

私の旅の過ごし方(参考)

予定をあまり立てずに現地に滞在する」を好みます。お気に入りの店に何度も通って店員さんと親しくしたり、偶然の出会いを楽しんだり。紹介してもらう店で食事を楽しんだり。仕事はカフェやホテルで行います。観光地へはたまに足を延ばします。

IMA

ベトナム語は挨拶程度を話せます。英語は会話がほんの少しできる程度です。

「ほぼ毎日使うアプリ」

Grab

移動に必須です。ベトナム語・英語を話さなくても目的地に行けます。登録したクレジットカードで支払えるから、現金がないときでも安心。乗車時に「シンチャオ(こんにちは)」、降車時に「カモン(ありがとう)」と声を掛けると、たいてい相手は笑ってくれます。笑顔があると移動の時間も楽しくなるので、少しでもベトナム語を使うようにしています。

Google Maps

「場所を調べる」だけでなく「店を調べる」「観光地を調べる」などで活躍します。「Google Maps」のお店レビューは参考にしやすいですね。オフラインで使いたいときは、アプリ内の「オフラインマップ」をダウンロードしておけばOKです。

地図アプリはスマホの容量をたくさん使うので、一つだけにしています。私は「Google Maps」です。

Google 翻訳

旅先の人と意思疎通をするときに長宝します。旅する前に必要な言語をダウンロードしておくことで、通信環境のないところでも使えます。

TripAdvisor

「どの店が人気か」「評判のいいホテルはどこか」「どの観光地が人気か」など、地域の情報をある程度まとめた形で知りたいときに参考になります。

具体的な店・場所について調べるときは「Google Maps」を併用します。さらに調べるときは「Twitter」でも検索します。

各種チャット

  • LINEa
  • Zalo
  • WeChat
  • Messenger
  • WhatsApp

旅先で知り合う人とは、チャットアプリがあると連絡を取りやすいです。一緒に撮った写真も簡単に送れます。アプリ内の友達申請は「アプリ内のQRコード(2次元コード)を表示」「同アプリで読み込み」でOK。文字入力をせずに友達申請ができます。私は主に上記5つのアプリを使います。

「WhatsApp」だけ用途が別で「洗濯を依頼する」ときに使っています。

Twitter

いい情報を見つけたから発信したい」「情報を検索したい」ときに役立ちます。また私は旅が好きな人を中心にフォローしているため、投稿を読んで楽しんだり、役に立つ旅の情報を教えてもらったりしています。

「たまに使うアプリ」

日本と電話するアプリ

「ベトナムで日本からの電話を受ける」「日本の固定電話・携帯電話に電話をかける」など、日本と電話するときに必須です。「050 plus」は月額基本料がかかります。月額基本料のかからない「SMARTalk」を使うのもありですね。

私は格安SIM「OCN モバイル ONE」を使っているので、割引が利く「050 plus」を使っています。

「My 050」はフリーダイヤルに電話するときに使います

Google フォト

旅をするとたくさん写真を撮ります。でも撮り過ぎてスマホの容量を圧迫してしまうことも。対策として「Google フォト」に写真のバックアップをしています。ホテルのWi-Fiを使いながら、スマホの充電中にバックアップを取れば手間もかかりません。

Amazon Photos

【Amazonプライムに加入している人のみ】

「Google フォト」と同じく、写真のバックアップに使います。Google フォトとの違いは「写真を圧縮しないで、画質を保って保存できる」ところです。こちらもホテルのWi-Fiを使いながら、スマホの充電中にバックアップを取れば手間がかかりません。

各種SNS

  • Twitter(再)
  • Instagram
  • Airtripp

調べものをする際に役に立ちます。地域でイベントがあるときは、「Twitter」や「Instagram」で検索すると情報が見つけやすいです。

「Airtripp」はあまり活発ではないSNSです。しかし、ベトナムの滞在先で投稿をするとベトナムの人からリアクションをもらいやすいです。それをきっかけに会話が生まれて、アドバイスをもらえることも。このアプリをきっかけに、私はベトナム人の友達ができました。ベトナムには「日本語」「日本」に興味を持ってくれる人が割と多いので、話しやすいです。「Airtripp」のデメリットは「あまり活発ではない」「広告が多い」「苦手な内容の広告がある」です。そのため、私は適度な距離感を持って使っています。

Shazam

飛行機内やカフェなどで知らない曲を聞いたとき、サッと検索できます。カフェで仕事をすると「この曲いいな」「なんていう曲だろう」と思うことが何度もあって。そのときにShazamが役立ちます。

英辞郎 on The WEB

英単語を調べるときに用例を表示してくれるので、意味が分かりやすいです。私は無料のプランで使っています。

宿泊予約アプリ

  • booking.com
  • Expedia
  • Agoda
  • Hotels.com
  • Airbnb

ホテルの予約・予約管理に使います。

為替レート

現金を両替するときに使います。レートが分かると両替のときに交渉しやすいですよ。為替レートを調べるアプリは、これ以外にも使いやすいものがあります。幾つか使って自分の使いやすいものを選べばOKです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。この記事がベトナムを旅する人の役に立ちますように。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる